読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kakaku01の日記

サラリーマン。文体はノリで変わります。

Kindleを購入して半年が経ちました

書きたいことがあったので早速。

何年か前にはいやいや流行るわけねーしまたガジェット好きの連中が騒いでるよと小馬鹿にしていた電子書籍ですが、気づいたら購入して半年が経っていました。せっかくなので思ったことをあれこれ。あんまり電子書籍詳しくないので、Kindleに特化した話でもないですが。買ったのはKindle Paperwhite 3Gです。

使ってる?

 使ってます。ただしエブリデイKindleKindle最高!!って感じでもないです。主になんとなく読みたくなった本を衝動買いするとか、長距離移動の際になんでもいいから読みたい時のお供として利用しています。腰を据えて読みたい!っていう本は紙で買いますし、そもそも微妙にナメた品揃えをしているのでKindleでは手に入らないものも多いです。(メジャーなSF小説ぐらい大体抑えてるもんだと思ってた)

メリットは?

 かさばらないこと。これに尽きます。私はワンルームマンション以下の悲しい住宅環境で生活しているので、本の厚みというのはかなり頭の痛い問題になってます。本棚すら無いと縦に詰む以外に選択肢がなく、私の部屋ではコンビニ本の聖闘士星矢が天高く積まれ、書店で衝動買いしたおジャ魔女どれみ16も行き場を無くして床に放置され、その上にはP・K・ディックが気難しい顔で鎮座しています。とにかく私は物理的なスペースが占有されないという事をKindle最大のメリットとして利用しています。

 次点で価格がありますが、これは普段は大してメリットとして感じていないです。定価と比較して何割か安いですが、まあ中古で買ったほうが安いかドッコイか程度です。ただしセール品として叩き売られている本は中々楽しくて、前述のスペースの都合で古本屋では二束三文でも基本的に欲しい本以外は買わない本もかさばらないので気兼ねなく買えます。よくマンガの1巻だけ100円とかで売られていますが、とりあえず買って読んでつまんなくても本棚のスペースを圧迫したり、部屋に転がってる1巻だけのマンガをみて買うんじゃなかったと後悔することもありません。お陰で対して興味のない本も読むことが増えました。気合入れて読んでないのでスルスル頭から抜けてますが。

不満点は?

 たまに本として読み進める方向がタテだかヨコだか右だか左だかわからなくて、タッチしてもあらぬ方向へページが移ってしまいイライラすることがあります。電子化した書籍ではあまりありませんが、Kindle用のコンテンツとして用意されたものに多い気がします。

 次に電子書籍の欠点として、読みたい場所に即移動するのが困難な点があります。目次機能など充実はしていても、物理的に読んでる時の「なんとなくこのへん」には勝てません。

 最後に不満点ではありませんが、性質上マンガにはあまり向いていません。大好きなマンガは紙で買ったほうがいいでしょう。

まとめ

  • かさばらない!
  • 後腐れがない!
  • マンガにはちょっと向いてない!

まとめのまとめ

割とどうでもいい本を買うのに最適なツールです。