読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kakaku01の日記

サラリーマン。文体はノリで変わります。

新入社員に送る6つのアドバイス風の愚痴

最近は新入社員へ向けて何か書くというのがブームっぽいので便乗する。

会社なんてものはモノによって千差万別なので、どの程度妥当なアドバイスがあるのか疑わしい。ので、自分の愚痴を兼ねて自分が思った範囲で書く。それが自分にも当てはまるかどうかは君次第だ!(ぶん投げ)

 

会社員の世界は大抵狭い

人材の流動性が低い企業ほどこの傾向がある。

外が見えなくなると大した理由のない企業の伝統やローカルルールが世間の常識や法律を超越し始める。

最初は驚くばかりだが面倒なのでとりあえず従っておこう。できればそういう部分は頭の片隅に置いてローカルルールに飲まれないようにしておきたい。


大人とは年を食った子供である

年長者に変に期待するなという話。50過ぎの部長クラスの人員でさえ「あいつきらいだからはなしたくない」「おこられるとこわいのでだまってました」はザラにある。そしてあなたはそれまでで人生最多の「嘘は言ってない」という子供っぽい屁理屈を聞き続けることになるだろう。年齢と人格は別に比例しないので、個別に人を見よう。


くだらない仕事は腐るほどある

君の想像を遥かに越えたくだらない仕事が、そこにはある―

本当に穴を掘ってまた埋めるみたいな仕事がたくさん出てくるので、楽しみにしてほしい。

本当に無意味なのかは最初はわからないので、とりあえず引き受けよう。ただ作業の意味ぐらいは聞いておいた方がいいかも知れない。

コミュニケーション能力は本当に大事

飲み会でウェーイする能力ではない。そういう能力は仕事と大して関係がない。

前述のようなくだらない仕事をいかにして断るか、上司の機嫌を損ねずメンツを潰さず(もしくは潰してでも)こちらの主張をどうやって通すか、知らなければ知らないほどいらない苦労をする。

とりあえず誰にでもできて効果があるのはメールを使うこと。送信したい相手以外にも自分の上司をccに入れておけば言った言わないの話になりづらくなる。

同期とか別にどうでもいい

人数の多い会社だとよくこの大切さを解かれるが、別に無理して仲良くする必要はない。そもそも仲良かろうが悪かろうが正規の手順で来た仕事は普通にやる(特に上記のように文書で証拠を残されていれば確実)ので、特に仲良くしたからって得するものでもない。好きに振る舞おう。


保険のセールスは詐欺師と思え

一番有益な情報かも。入社すると会社の外とかで出待ちしている、若い女性の比率が高い保険の外交員が話しかけてくる場合がある。そろそろ保険が必要かなと思って話を聞いたが最後、こちらの無知に付け込んで月額2万とかの保険を当然のように契約させてくる。病気や怪我で長期の不就業になっても会社も社会も何もしてくれない、といった大嘘を平気な顔で言う連中なので、決して立ち止まって話を聞くことの無いようにしよう。

保険は月額で結構な金額を取られる上、重要なリスクヘッジでもあるので自分で多少勉強してから決めた方が絶対に良い。